210日

  • 2016.11.11 Friday
  • 11:35
GOODЯO∀Dす


さて、ハチロクに乗ってドリフトを始めてからここまで走らなかった事はなかったです。長くて3ヶ月。


岡山の普門寺住職さんから譲っていただいた極上AE85ボディが今年の4月10日スラムドショードライブにて自分のミスから多重クラッシュを引き起こし廃車。
その節は主催の林さん、小川君、うっち、スポンサーはじめ色々な方々に迷惑をかけてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。

それから運良く次期車両を岡山の島村さんから譲っていただき、
夏あたりからいつもお世話になってる広島のシグナルさんにロールバー加工、スポット増し等のボディ補強をお願いし製作をスタートしました。すぐにボディはやっていただいたのに、その後の作業は10月まで放っておきました。

年内は多分走るところまで行かないだろうと推測していましたが、
チームの若者達がお金をかけてすごく真剣に車を作って、走って、成績を残すのを見て、
熱いものを感じ、とにかく動き出さないといけない!と・・・

11月6日に備北いちを決める大会があるのが分かっていたから、
それにめがけて突貫で作業を再開。

夜中に作業を手伝いにくる後輩達



残り1週間は毎日夜中までやってました。

前日も午前1時30分にやっとエンジンがかかり、あとは現地で最終チェックしてどうなるかでしたが、

車はめちゃくちゃ動きが良くて、速くて、210日ぶりに乗った人間の方が動きについていけなかったです。

1コーナーに進入してからのアクセルオンの遅さ、それは角度の出し方であったり、シフトダウンのスピードであっ
たり、とにかくブランクを感じました。

2本目のフリーで少しだけ思い出したのですが、その後予選はウエット路面へ。

ワイパーなんか付ける暇なのなかったので未装着(ドライ予定だったのでわざと付けず突貫感を出したが本当)

中ストレート待機中に板垣さんにフロントガラスを拭いてもらって(よけいに見えなくなるw)
板垣さん右しか拭かないから1本目見えなくて失敗、2本目は左も拭いてもらってなんとか成功し1回戦通過。

それからはドライでもタオルを出して板垣さんを呼ぶというネタを繰り返すけど、あれは板垣さんを緊張ほぐしに使ってましたすみません。

後日その話も兼ねて板垣さんとお話したけれど、「とにかく近ちゃんが備北いちに間に合わせてくれて嬉しかった」とお言葉を頂きました。嬉しかったです。


結果は決勝でコケて備北いちにはなれませんでしたが、
数年前に自分が何度も何度も戦っても同じところまで行けなかった備北の超エキスパート達とまた一緒に走れた事、
すごく楽しめました。(あの場に蝶矢と板倉さんがいればもっとよかった)


最後に、復活に際してギリギリまで手伝ってくれたHAZARD with ポンニュウエンジニアリングさん
本当にありがとうございました


次回は西日本統一戦!










ちょっと仕様変更は間に合わんかな でも頑張る!!









コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM